油圧ホース

HOME > 油圧ホース

油圧ホースとは油圧によって動く機器やそれにつなぐホースのことを指しています。
工場で利用される以外にも、フォークリフトやトラクターなど様々なところで油圧機器の制御に利用されています。
油圧ホースは、仕様に応じて加工させていただきます。

  • ホースの選定条件
    ホースのご使用にあたり、要求機能を完全に満足させます。また、長期的に寿命を持たせるために、あらゆる条件を考慮する必要があります。
    ホースの選定基準としては次の項目をご使用条件と比較し、仕様を決定して下さい。
  • 最高使用圧力
    最高使用圧力とは油圧装置の設定圧力(安全弁等で制限される圧力)です。
    この圧力以下でご使用される時のホースは、継続かつ長期にわたって安全にご使用いただけます。
  • 衝撃圧力
    一般の油圧機器では負荷の変動差により、制限圧力を超える様な衝撃圧力が発生する場合があります。
    衝撃圧力波 形としては、一般的にピーク波形(最高使用圧力×150%)と台形波形(最高使用圧力×133%)があります。
  • 曲げ半径
    ホースは曲げると耐圧効率が低下しますので、定められた 曲げ半径以上の半径でご使用して下さい。
  • 温度
    ホースは流体温度によりホース寿命に微妙な影響を与えます。 カタログに明示された流体温度の範囲内でのご使用をお願います。
    周囲温度が高い場合やふく射熱の有る場所で使用する場合には、断熱材を外装してご使用して頂きますが、断熱材の 効果は限定的となります。
  • 捩れ
    ホースは柔軟性があることで、その分、捩れも生じやすくなっています。配管に関しては、極力捩れのない様にご注意してください。
    捩れたまま使用されると寿命が低下し、異常な破壊の原因となります。使用上捩れが防止出来ない場合には、回転ジョイ ントをご使用下さい。
  • 流速
    ホース内部を通過する液体速度は、最大でも10m/secに 押える様にホースの仕様を決定して下さい。
    過大流速になると、発熱やスカイビング(内面ゴム層が削られる現象)などが発生する原因となります。
  • 外圧
    ホースに重量物が落下したり、打撃などが加わるとホース寿命の低下や異常な破裂の原因となります。
    接触などによる摩耗、外傷を防止するために、ホースの保護方法を工夫して下さい。
  • 流体
    ホースの種類により適用流体が異なります。ご確認の上、ホースを選定して下さい。
  • ホースの長さと取り付け
    1. 1.ホースが長すぎると取付けた際、必要以上に垂れてしまいます。ホースが他の部分と接触しないように考慮して下さい。
    2. 2.ホースは加圧時に伸縮します。それを考慮して、ホースに引張り力が加わらないように考慮して下さい

事例紹介

実際に施工した様々な事例をご紹介します。

他店で対応できなかった商品も取り揃えている場合がありますので、一度ご相談ください! TEL:0566-42-2502(受付時間/8:00〜18:00 [ 年中無休 ]) メールでのご相談・お問い合わせはこちら
  • 他店で対応できなかった商品も取り揃えている場合がありますので、一度ご相談ください! TEL:0566-42-2502(受付時間/8:00〜18:00 [ 年中無休 ]) メールでのご相談・お問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら